音楽閑話

1936年長野県須坂市出身。

子供の頃からピアノとヴァイオリンを学び、52年東京都立駒場高校(現都立芸術高校)音楽科へピアノ専攻で入学。3年次にフルートへ転向し東京芸術大学へ進学、吉田雅夫氏に師事。

1957年現日本音楽コンクール管楽部門第1位入賞。

1958年よりプラハ音楽院に留学、卒業後スイス・チューリッヒにてA.ジョネ教授に師事。

1965年より1986年までNHK交響楽団に在籍、首席フルート奏者を務めた。

その間、J.S.バッハの「音楽のささげもの」を全曲編曲、日本初演をし、1966年から毎年リサイタルを開催する他、15年にわたり20回の「古典フルート音楽連続演奏会」や5回の「20世紀のフルート音楽」シリーズを企画、NHK教育テレビのフルート講師、「プラハの春」国際コンクールの審査員、フィンランドにおける音楽祭でのソリスト等を務め、2008年夏から、ヴァイオリン奏者の石川 静氏のグループと共に、プラハでセミナーと演奏会を行っている。

多くの作品を初演し、《平尾貴四男作品集》のレコーディングにより文化庁芸術祭優秀賞受賞。

現在ムジカ・クオーレフルートアンサンブル指揮者、N響団友、国立音大名誉教授。



Vol.1 (2012年10月)

Vol.1(2012年10月)

「演奏会に行こう!」「音楽会に行かない?」と誘っても、最近はなかなか同意する人がいない。

特に若い人の中では、内容も尋ねないで首を横に振る人が多い。

では音楽を聴いていないか?と言うと、絶えずイヤフォーンを耳にして何かしらを聴いている。

歩きながらや電車の中で・・・それで結構満足している。

何を鑑賞しているのか知らない。イヤフォーンをしている本人も自覚があいまいだ。

「何を聴いているの?」と尋ねると「モーツァルトのピアノ ソナタです」と答えるので「誰の演奏、何番のソナタ?」と聞くと「エーと?!」と言う答え。

つまり唯聴き流しているにすぎない。

私は、せめてクラシック音楽で嬉しかったと思う程度だ。

でも情けない時代になったものだ。

私が学生の頃、先生から「演奏会に行こう!」と言われたら即座に「ハイッ!」と言ってついて行った。

内容を聞かなくても、先生の行く音楽会なら間違いない!と思っていたからだ。今、その様な先生も少なくなった。でも、たまに「何を聞いたら良いでしょう?」と尋ねてくる人がいて一寸嬉しくなる時がある。

そんな時は「まずバッハを!」と言います。

バッハの作品も膨大で、「何から.....?」と迷います。そんな問いには、「ケーテン時代の器楽作品」を進めています。

バッハの作品に親しんでいたら、様々な音楽が分ってきます。


Vol.2 (2012年11月)


Vol.3 (2013年1月)


Vol.4 (2013年3月)


Vol.5 (2013年4月)


Vol.6 (2013年6月)